浴衣着付け後のチェック箇所を確認して、綺麗な着付け - 浴衣結 ゆかたむすび

浴衣結 ゆかたむすび
浴衣着付けチェックポイント
コンテンツ  
浴衣着付け チェック 出かけてからも チェック
浴衣着用時の 仕草・歩き方 浴衣着用時の 仕草・歩き方
浴衣着付け チェック
浴衣着付け3ポイント浴衣を着付けたら出かける前にちゃんと
着付けが出来ているかチェックしましょう!

◆ ゆかた着付けチェック ◆

・襟元(えりもと)の合わせは左右対称に。
・衣紋(えもん)の抜き具合。
 (衣紋は首筋からこぶし一個分)
・おはしょりは整っているか。
・帯の位置高すぎず、低すぎないか。
・裾上がり(すそあがり)になっているか。
・裾すぼまり(すそすぼまり)のシルエットに
 なっているか。
・背縫い(せぬい)はまっすぐになっているか。
・帯の結び部分の形。
・全体を見て、どこが着崩れしているかチェック!
・内股で立っているか。
ゆかた
▲ ページの先頭へ
出かけてからも チェック
今後の為に写真を撮りましょう。 出先でもチェック!今後の為に写真を撮りましょう。
出先でもチェック!

◆ 出かけてからもチェック ◆

ゆかたを着たら必ず写真を撮りましょう!
記念や思い出作りに一役買いますが、
写真で着付けの善し悪しや、どこにシワが
出やすいか等のチェックができます。
今後のゆかた着付けの向上になるので
オススメです。仕草もチェック出来るので、これでゆかた美人にますます近づいて行けそうですね!

◆ 出かけてからもチェック ◆

出かける前に一枚、帰ってからの
一枚の写真を比べてみましょう。
次回の浴衣着付けに役立ちます。
ゆかた
▲ ページの先頭へ
浴衣着用時の 仕草・歩き方
洋服を着ている時の仕草を、ゆかたでしてしまうとガサツに見え、浴衣姿も
台無しになってしまいますね。
せっかく浴衣を着るのなら、普段はなかなか出来ない、半なりおしとやかな
雰囲気や、女らしい雰囲気を出してみませんか?
振る舞いや歩き方、手のしぐさにも気を使って浴衣美人を目指しましょう!

浴衣を着てからのしぐさ・歩き方他◆ 浴衣を着てからのしぐさ・歩き方他 ◆

・ゆかたを着ているときは、仕草をエレガント
 にしましょう!
・大きな動きで雑に動いてしまうと美しいしぐさ
 にはなりません。手のしぐざにも気を使って
 みましょう。
・手の動きで一番気をつけたいのは、袂(たもと)
 の扱い方です。洋服の時のように手を挙げたり
 しますと、 袂から二の腕が見えてしまい、
 みっともないことになります。
・手を挙げたり、食事時や物を取る時やつり革を
 つ時、タクシーを呼ぶ時などは特に注意しましょう。
・手を挙げる時は袖(そで)を押さえましょう。
 その様にしますとみっともないだけでなく、
 普段よりゆっくりとした動きになりますので
 半なりとした色っぽいしぐさに見えます。
・食事の時などは、特に袂に気をつけて
 みましょう。ゆっくり流れるように小鉢を
 取ったりするしぐさが洋服の時とは違う、
 浴衣ならではの美しく優雅な しぐさを
 演出してくれます。

◆ 浴衣を着た時の立ち振る舞い ◆

・背筋をのばし、姿勢を正しくしましょう。歩く時は、いつもより小幅に歩きましょう。
 (歩幅は約30~40㎝で、少し内股気味に。)
・慣れていない下駄でも、足に力を入れ過ぎなければ 自然に歩けます。あらかじめ事前
 に下駄を履き慣らしておきましょう。
・階段の上がり下がりの時は、上前の褄を持ち、階段に 向かって体を少し斜めにして、
 つま先を内側に向けて 上がり下がりします。

◆ その他 ◆

・お食事の時には食べこぼし防止の為、必ずハンカチや手ぬぐいをひざの上に乗せて
 おきましょう。食べ物を取る時も袖がつからないよう、袖を押えながら取りましょう。
 または、袖の汚れ防止として、袂をクリップで留めておく。
・ベンチに座る時も、汚れていないか確認。汚れて無さそうでも必ずハンカチや
 手ぬぐいを敷いてから座りましょう。
・車を乗る時は頭に気をつけて、座席に横向きに浅く座ります。
・車を降りる時は裾がはだけないように両足を揃えて、全身を半回転させて乗り降り
 します。上前を少しひきあげておくと裾が汚れません。
・お手洗いの時は、袖の上前と下前の裾の端を持ち上げ、帯の上の部分にはさみ込む、
 または帯にクリップで留めます。
ゆかた
▲ ページの先頭へ
浴衣着崩れ 直し方
トイレの後は鏡の前で必ず総チェックしましょう!
着崩れなどはトイレで直しましょう。

◆ ゆかた着崩れ直し方 ◆

裾を踏んで下がってしまった!

衣紋のお直し!
ゆかた着崩れ直し方 ゆかた着崩れ直し方
おはしょりをめくり、腰ひもの
上を引っ張り上げながら、上前
と下前の丈を調節します。
おはしょりを戻し、形やシワを
整えます。
後ろの帯の下を両手で引っ張り、鏡で確認しながら、
衣紋の抜け具合を調節します。(握りこぶし1個分)

衿元のお直し!

鼻緒ズレになったら!
ゆかた着崩れ直し方 ゆかた着崩れ直し方
下衿は左の身八つ口から手を入れ、上衿と同時に引っ張ります。
そして帯の下を引っ張り、衿元の
合わせ具合を調節します。
すれてしまった部分に絆創膏を2重、3重と貼れば痛みも和らぎます。
コンビニなどが遠い場合もあるので、必ずバッグの中に多めに入れておきましょう!

おはしょりのお直し!

腰のたるみを取る!
ゆかた着崩れ直し方 ゆかた着崩れ直し方
帯の下側に手を入れます。
手の平で横にたるんだ部分を左側に送ります。
おはしょりをめくり上げます。腰紐の上のおはしょりを内側から持って、たるんだ部分を引き上げます。
その際、腰にシワが出来たら左右に広げて伸ばし、おはしょりもきれいに直します。
ゆかた
▲ ページの先頭へ