浴衣半衿の付け方のユーチューブ動画 - 浴衣結 ゆかたむすび

浴衣結 ゆかたむすび
浴衣半衿の付け方(動画)

女性(レディース)浴衣のコーディネートアレンジで半衿の付け方(掛け方)を解説している、浴衣結(ゆかたむすび)×東洋きもの専門学校のユーチューブ動画ハウツーコンテンツです。東洋きもの専門学校の生徒さんが出演しています。

■半衿の付け方 動画解説

半衿は見える分量としては少ないのですが、全体の雰囲気や印象をがらりと変えるコーディネイトアイテムです。
正式には白い半衿、お洒落に刺繍の半衿や、可愛いプリントのものなど色々あります。
衿の部分が唯一立体的なカーブを描いているところです。
半衿を付ける際も、そのカーブに合わせて仕上げることがコツです。
半衿の内側にしわができにくく、きれいに仕上がります。

片側を1cmほど、裏の方に折っており(おび)をつけておきます。
衿が手前に来るように、長襦袢を表向きに置き、その上に1cm折った折り目と長襦袢の衿の端があうように、半衿を表向きにのせ、衿中心と半衿の中心を合わせて待ち針をうつ。

中心から左右5cm、に待ち針をうつ。

衿先まで均等に待ち針をうって、待ち針が打ち終えると、右衿先から縫っていきます。

一目落としで、右衿先から一目落としで、折山より0.5cm内側を縫っていきます。

長襦袢を裏に返します。
半衿で長襦袢の衿を包み込むように、余った部分は中に折り込み中心に待ち針をうちます。
そのとき、衿山は隙間のないように気をつけましょう。
衿の中心から5cmの間は左右とも、平らに待ち針をうちます。

衿肩空き、10cmの間、半衿を引っ張り気味に待ち針をうちます。
それぞれ左右に衿を引っ張っておくと、仕上がりがきれいです。

あとは衿先まで、均等に待ち針をうっておきます。

右衿先より、中心から15cm手前まで3cm間隔の一目落としで縫っていきます。
衿肩空きの間は、1cm間隔の小針で縫います。
これは着物を着たとき、衿肩周りの内側が見えますので針目が目立たないように、衿の(つえ)をしっかりとおさえるために、2つの目的があります。

これで出来上がりです。

今回は白衿に赤糸を使っていますが、本番は同色の色で縫ってください。