男性浴衣帯の結び方(貝の口)を動画で解説しています。 - 浴衣結 ゆかたむすび

浴衣結 ゆかたむすび
このコンテンツページは、浴衣通販専門店の浴衣結(ゆかたむすび)が運営しています。  →浴衣販売 通販サイト 浴衣結 ゆかたむすび
男性浴衣帯の結び方動画

男性(メンズ)浴衣を着付ける際の、角帯の結び方(貝の口)を解説している、浴衣結(ゆかたむすび)×東洋きもの専門学校のユーチューブ動画ハウツーコンテンツです。東洋きもの専門学校の生徒さんが出演しています。

■男性着物 (浴衣)角帯貝の口編 動画解説

帯を巻きます。
手先を二つ折りにし、30cmのところを持ち前中心に輪を外にあてます。
左手で左脇に渡し、ひとまきします。
もうひと巻きし、右手でたれを持ち、左手は下中心を持ち引き締めてください。
手とたれを合わせて同じ長さにはかり、余ったたれは帯の内側に折りこんでおきます。
手を下に、たれを上に交差させ、たれが上にくるように引き抜きます。

帯のかたちを作ります。
手を斜めに折り上げ、たれを下におろし、たれで手をまくようにこうし、引き抜き手とたれを引っ張りましょう。

後ろに帯を回します。
右手で上から中心をもち、左手は後ろ中心を下からもち、時計まわりに回します。
少しお腹をひっこめるとよいでしょう。

帯を整えましょう。
前中心を両手で下に下げるようにし、体に沿わせるようにしながら両脇に帯の位置を整え出来上がりです。

チェックポイント
帯下のしわをとりましょう。
じゃあ後ろを向いてください。
帯山は直線になっていますか。
手よりたれが少し短めになっていますか。
貝の口の出来上がりです。