女性浴衣着付け(着方)ユーチューブ動画 - 浴衣結 ゆかたむすび

浴衣結 ゆかたむすび
女性(レディース)浴衣の着付け・着方 動画

女性(レディース)浴衣の着付け、着方を解説している、浴衣結(ゆかたむすび)×東洋きもの専門学校のユーチューブ動画ハウツーコンテンツです。東洋きもの専門学校の生徒さんが出演しています。

■浴衣着付け(着方)動画解説

背縫いを合わせ、衣文をぬきます。
左右の友襟を合わせ、右手でもち、背縫いを左手でひき中心に合わせます。
衣文は握りこぶし一つ分を目安に抜きます。
裾線を決めます。
衿先から20センチのところを両手でもち、裾線をあげます。
右手で裾先をもち、浴衣をお尻に密着させながら裾をくるぶしまでおろします。
下前、上前の幅を決めます。
上前の襟下が右脇までくるように、上前の幅を調節します。
上前をひらき、下前の衿先を脇に巻き込みます。
このとき、裾を7センチくらい引き上げます。
右手で下前を押さえたまま、上前を合わせ、つま先を5センチくらい引き上げます。

腰ひもを結びます。
左手で右衿先を押さえて、右手で腰ひもの中心を持ち右腰にあてます。
紐を左手で左わきへ渡します。
紐を両手で後ろへ回し交差させたら、両脇で一度しめ前にまわします。
右わきで衿合わせに重ね、二回からげかたわ結びにして余ったものは紐に下から上にはさみこみます。

おはしょりを整えます。
みやつ口から両手を入れ、余っている後ろ見頃を腰ひもの上におろすように体に沿わせます。
そのまま両手を前に移動させ、前身頃も同様に体にそうようにしましょう。

衿を合わせます。
衿合わせは喉のくぼみのすぐ下を通るように左右対称にあわせましょう。
共衿を合わせ、衿元を整えたら左手を身八口から入れ、下前の衿を合わせ、おはしょりを斜めに折りあげます。

左手はそのまま襟を押さえておき、右手で上前の衿をあわせます。
左手を身八口から抜き、左衿をおさせておきます。
腰ひもを結びます。
腰ひもの中央を手で持ち、衿合わせがずれないようにして右胸の下にあて左手で左胸にわたします。
紐を両手で後ろへ回し、交差させ両脇でぐっと締め前へまわします。
右胸の下で衿合わせに重ね、二回からげて締め、左右に交差させてから紐に上から下にはさみこみます。

後ろのしわをとります。
背縫いが中央にあるか確認し、腰ひもの下から指を入れて中央から脇に動かししわをとります。

脇を整えます。
左右のみやつ口で後ろ見頃を前身頃で押さえ、脇を下に引っ張ります。

おくみ線を整えます。
下に引っ張りながら、おはしょりのおくみ線と前見ごろのおくみ線を揃えます。

伊達締めをしめます。
伊達締めの中心を胸にあて、両手で後ろへ回し両脇でひと締めします。

中心で衿合わせに交差させ、二回からげ、ねじり、下から上にはさみこみます。

最後に全体をチェックしたら完成です。
衿合わせは喉のくぼみの下を通って左右対称になっていますか。
衣文は抜けていますか。
おはしょりがしわになっていませんか。
上前の衿下が右脇にきていますか。
裾はくるぶしの高さにあり、裾すぼまりになっていますか。

完成です。