女性浴衣帯結び方(蝶結び)ユーチューブ動画 - 浴衣結 ゆかたむすび

浴衣結 ゆかたむすび
女性浴衣帯結び方(蝶結び)動画

女性(レディース)浴衣を着付ける際の、帯の結び方(蝶結び)を解説している、浴衣結(ゆかたむすび)×東洋きもの専門学校のユーチューブ動画ハウツーコンテンツです。東洋きもの専門学校の生徒さんが出演しています。

■蝶結び動画解説

半分に折った手先を肩幅にとります。
それを右肩に預け、胸元にクリップでとめておきましょう。
帯を胴にまきます

右脇で帯の下を右手でもち、左手で手先の根本をもち、右手を下に下げるようにしながら帯をしめていきます。
右手の帯を右脇下から斜めに折りあげます。
体の中心で手先が上になるように交差させ結びます。

このとき、手先とたれが垂直になるようにねじると結び目がゆるみにくくなります。
たれ先より、肩幅をはかり内側にたたんでいきます。

羽の内側を3分の2程度引き抜きます。
下の羽でふた山ひだをとります。
上の羽も同様にふた山ひだをとります。
羽の中央に手先を上からかけます。
右側から羽をまきます。

羽をまきます。

羽の中央にできた輪の中に手先を通し、ひと締めします。

あまった手先は帯と帯板の間にいれます。
帯の下から手先を引っ張り、羽の中央がたつようにします。
あまった手先は再び帯の下に入れ込みましょう。

羽の形をきれいなリボンに整えましょう。

羽の形がきれいになったら、リボンの中央を右手でもち、帯の下を左手でもち前へ回します。
飾り紐を帯結びの下から前にまわしてきます。

左右どちらでも結構ですので、好きなほうで蝶々結びをしましょう。

完成です。
少し飾り紐があるだけで、いつもと違う雰囲気に変わりますね。