手ぬぐい(注染・本染め)三勝・注染工房・和布華 | 手ぬぐい通販、歴史や用途、包み方まで解説 - 浴衣結 ゆかたむすび

浴衣結 ゆかたむすび
注染てぬぐい 歴史と特徴
注染は、糸の一本一本まで染められているから使うほどに柔らかくなる、味わいが出る。
手ぬぐいを染め上げている注染は、日本で生まれた独自の伝統技法です。
注染の手ぬぐい 江戸時代に大変革を起こした染め技法
※手ぬぐいは出来上がるまで機械まかせではなく、職人の手作業により、 丹念に染め上げられています。
染物ですので最初の数回は色落ちがします。 商品がお手元へ届きましたら、お取扱いの注意書きをお読みください。    
手ぬぐいの取り扱いブランドは主に、浴衣結オリジナル・三勝注染・注染工房・和布華の注染にこだわっています。
手ぬぐい ピックアップアイテム
手ぬぐい インコ 手ぬぐい 富士山-水色 手ぬぐい 富士山-ピンク
手ぬぐい 富士山-ツバメ 三勝手ぬぐい 猫付箋 三勝手ぬぐい 椿並
ツモリチサト手ぬぐい バラ 三勝手ぬぐい ダリア 手ぬぐい 扇子絣
アイテム 全商品はこちら
手ぬぐいの歴史
手ぬぐいの歴史
注染の特徴

手ぬぐいの歴史は、奈良時代までさかのぼります。
その時代は布が貴重品であったため、庶民が使うものではなく神事の装身具として使用されていました。
庶民には鎌倉時代から少しずつ普及し始め、江戸時代になると綿は日本国内で栽培されるようになり、手ぬぐいが生活の必需品として
扱われるようになりました。
この頃から、機能性だけでなく色や柄物などのデザイン性も重視されるようになり『手ぬぐい合わせ』という催し(品評会)も広がりを見せ、
手ぬぐいは粋な人気アイテムとして変化していきました。

注染の歴史

注染の歴史は、江戸時代に注染の原型となる染色技法が考案され、更に改良が重ねられて明治時代に『注染』という、日本独自の染め技法が考案されました。
一度に数十枚を染めることができるため、当時としては画期的な大量生産として、染めの業界に大変革を起こしました。
注染とは、手ぬぐいには欠かせない染めの技法です。

注染の特徴

注染は、糸の一本一本まで染められているから使うほどに柔らかくなる、味わいが出る。
手ぬぐいを染め上げている注染は、日本で生まれた独自の伝統技法です。
注染は無地の反物生地に染料を注いで染め上げて、美しい柄を作り出します。
糸の一本一本が染まる、プリントとは違い生地の通気性や伸縮性を損ないません。
それによって、水をよく吸い、すぐ乾き、使い込むほどに柔らかく、といった注染手ぬぐいならではの使い心地が生まれます。
また、注染で染められた手ぬぐいには、微妙な色のにじみ、繊細で優しいぼかしなど、手作業ならではの風合いがあります。
使うたびに糸の染料が少しずつ落ちていき、それが深い味わいになっていきます。

奈良県法隆寺にある注染工房さんにお願いして、インコ柄の手ぬぐいを制作していただきました。

白生地から染め上がるまでの(注染)工程を公開いたします。
注染に使用する型紙は三重県鈴鹿市の型紙屋さんに依頼しました。
インコの柄に必要な型紙枚数は2枚です。     
染めは地染め(細川下)の工程も含みますので、通常の手ぬぐいより2倍の
手間がかかる上、このインコ柄の型枚数は2枚なので一型目の全工程をもう一度繰り返しています。
今回公開している注染の全工程は当店のインコ柄の場合です。

詳しく動画で見る

製品の特徴 製品の特徴

1. 注染の手ぬぐいは液体の染料で染めるため、染めた部分が硬くならずに吸水性に優れています。
  手ぬぐいが速乾性に優れ、清潔である理由は『両端の切りっぱなし』にあります。
  端を縫っていないため乾きが早く、汚れや雑菌が溜まりません。

2. 注染ならではの切りっぱなし部分を『折口』といいます。折口は手ぬぐいを
  染める際に折り返している部分のことで、濃く染まったり、薄く染まったり、
  かすれたり、にじんだりすることがあります。
  これは手づくりで起こる味わいと思っていただければ幸いです。

3. 注染の手ぬぐいには裏表がありません。
  染料を注ぐことによって、上から下まで貫通しますので裏と表の区別がなく、
  暖簾などの用途にも適しています。

4. 手ぬぐいは江戸時代の旅の七つ道具として、非常に重宝されていました。
  手ぬぐいは、頭巾・マスク・風呂敷・タオル・カバー・紐・包帯・布巾などとして使われ、
  一枚でどんな使い道もできる合理的な布として扱われていたからです。

手ぬぐいのお手入れ方法 手ぬぐいのお手入れ方法

・洗濯について
手ぬぐいは染物なので、最初の数回は洗濯すると色落ちします。
2~3回は洗剤を使用せず単独で洗い、陰干ししてください。

・両端のほつれについて
手ぬぐいは切りっぱなしなので、最初のうちはどうしても両端が『ほつれ』ます。
糸がほつれてきたら切れ揃えて下さい。
何度か洗濯すると、ほつれは自然に落ち着きます。

手ぬぐいの用途・包み方